イギリス売上NO1, サプリ, 健康

正しい使用法で大きな効用があるスポーツサポーター!

サポーターは一般的に怪我をしたときの患部の保護や、治療のための貼付剤の安定などのために使用します。また動かす部位に負担がかからないよう、通常の日常生活を送る上で支障のないよう、周辺の筋肉の動きを手助けする目的も持っています。サポーターは皮膚表面の保護や、ダメージのある筋肉のサポートをする大きな目的があります。一方、スポーツサポーターと呼ばれるものは、怪我などダメージを負う前・後でも使用され、あらかじめ着用しておき、筋肉の負担の軽減や予防の目的のためにも使用されることがあります。

プロスポーツ選手は怪我をしても出場を余儀なくされる場面がありますが、本来は動かさず安静にしたいときにもスポーツサポーターを着用することで、ダメージの進行を食い止める効用があるのです。一般的に痛みや不具合があるときに使用するのがサポーターですが、スポーツサポーターは怪我の予防を積極的に行なうためにも使用し、また怪我をした際にも正しい使用法で大きな効用が得られます。スポーツサポーターはスポーツ種別に特化した専用のものも用意され、よく知られたものではテニス肘を予防するためのものがあります。ラケットで繰返しボールを打ったときに発生しやすいテニス肘と呼ばれる特有の怪我を防止します。

周辺の筋肉動きの手助けや、思わぬ外力がかかった際のダメージを軽減し、愛用者も多いものです。しかしスポーツサポーターは弊害もあり、特に問題のない部分に常時使用すると競技に必要な筋肉の発達を妨げたり、本来の体の動きを阻害することもあります。また製品によっては可動域を制限するものもありますから、常時使用すればいいというものでもありません。さらに皮膚を覆うことからかぶれたり、不衛生になりやすい点も着用の際に気を付けたい点となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です